スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

モリス壁紙を使ったリビングルーム

こんにちは

先日モールディング取り付けと壁紙の張り替えをし、カーテンを納めてきました

施工前と途中の画像が消えてしまったため、施工後の写真のみです。
すみません。

モリス壁紙と掃出し窓

画像左の壁は一面だけアクセントにウィリアム・モリスの「メドウ スイート」を。
―この柄は1904年にジョン・ヘンリー・ダールによってデザインされました。
  左右対称の植物モチーフが形式的に配置されており、典型的なアーツ&クラフツスタイルと言えます。―
メドウ スイート


画像正面とその他の壁はウィリアム・モリスの「ウィロウ」を張りました
―モリスの中でも有名な「ウィロウ」は1874年デザインされ、オリジナルは11種類の色がありました。現在「ウィロウ」は6色あり、
他のコレクションの壁紙とも美しく調和します。
似た柄に「ウィロウボウ」があり、こちらは「ウィロウ」の13年後にデザインされました。―
ウィロウ



天井の壁紙も以前白かったものをクリームベージュの壁紙にしました。

モリス壁紙と廻縁(まわりぶち)

廻り縁は元から付いていたのですが、今回既存のものは外し新しく取り付けました。
廻り縁があると引き締まって見えますね。

腰高窓のブラインドはプレーンシェードに交換しました
プレーンシェード交換前(ブラインド)
プレーンシェード交換後


掃出し窓とプレーンシェードは同じ生地で作りました。
カーテンレール取付前の掃出し窓
掃出し窓 カーテン取付後


おまけ
お客様手作りの額絵を壁に掛けました。
お客様がつくった額絵
スポンサーサイト

Comments - 0

Leave a reply

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。